2007年04月21日

枯山水


山形県天童市の蔵元「出羽桜」の枯山水。
3年寝かせた本醸造古酒です。

この枯山水を初めて呑んだのは、サラリーマンを辞めた10数年前、
クライアントからいただいた時でした。
その時は、ただ「美味しい酒。」ぐらいしか日本酒について知らなかったことを
思い出す。今ではちょっとは、日本酒に詳しくなったかも。
その後呑みに出掛けて、何度か口にしたことはあったけど、
1升瓶で自宅にあると、冷やから燗まで試せるのが、嬉しい。

「肴の簡単レシピを教えて。」と云うコメントを戴いているけど、
基本的に「冷や奴」さえあればイイほうなので、手がかからない呑兵衛だと思う。
本日は、「甘エビの刺身」と「阿波尾鶏(あわおどり)を焼いて柚子胡椒とポン酢で」
けっこう、奥さん贅沢させてくれます。
『甘海老の ヒヤリと酒の 舌に溶け /三邑瑠 』と云う句があるそうですが、
最初は、冷やで1合。(厳密に云うと、戴いた酒は冷蔵庫に直行するので、冷酒ですか。)
ぬる燗、熱燗まで温度を上げてみた。

今日の好みは、熱燗かも。

同じカテゴリー(日本酒)の記事画像
鯨と山廃
たたきごぼう
お通しは
帰ってまた呑んでます。
初物
天狗舞「山廃純米」
同じカテゴリー(日本酒)の記事
 鯨と山廃 (2007-10-30 19:45)
 たたきごぼう (2007-10-12 23:16)
 お通しは (2007-10-12 21:26)
 帰ってまた呑んでます。 (2007-10-10 22:24)
 初物 (2007-10-10 20:06)
 天狗舞「山廃純米」 (2007-10-10 19:21)
※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。