2007年09月28日

洋風縄のれん かもめ亭

今夜で連続3日間呑みに出ているNon-bayです。
今夜は、TVの番組改編時期で見るモノもないので、
散歩にでも出ようと云うことになったのだけど、
ちょっと肌寒いものでドライブに。
お祭りだから駅前に行こうと云うことになり、
中町パーキングに車を停めて、
駅前大通りをブラブラしてたら、
寒くなったもので中町のかもめ亭に寄ってちょっと熱燗をひっかけた。



かもめ亭とのお付き合いは、もう30年近い。
いや、マスター夫婦が、
かもめ亭の前に経営していた
喫茶店ポケットから数えれば30年は越えるお付き合いになる。



だから、ちょっとわがままに料理も注文しないで
冷えた体を暖めるだけに寄ったりする。
奥さんはオレンジジュースだから、儲からない客だ。



お通しだけでも充分な肴になるものだから、ついつい酒だけの注文の時もある。
今夜のお通しでは、うずらのピータンが美味しかったなぁ〜。

昔はユーミンが郡山でコンサートの都度打上げで貸し切るお店だったけど、
コンサート自体やらなくなったからなぁ〜。
数年前はEarth Wind & Fireが貸し切ったそうだけど。




料理の美味しいお店です。

---------------------------------------------------------
洋風縄のれん かもめ亭
福島県郡山市中町6-14
電話:024-933-9789

地図はこちら  

Posted by Non-bay at 23:28Comments(4)お出掛け

2007年09月28日

かもしかや

新潟・山形旅行、最後の記事。

白鷹町のあゆ茶屋を後にして、
国道287号で米沢をめざす。
途中,長井市の酒販店で
裏・雅山流と雅山流「楓月」を仕入れた。
こちらには雅山流「極月」はなかった。

後で思えば、
これから紹介する白布高湯の「かもしかや」太田酒店
で仕入れれば良かったと後悔するのだけど、
この時点では、この先雅山流の在庫があるかどうか不安だったので、
長井で2本仕入れることになった。

米沢市内を抜けて、裏磐梯をめざし、高湯温泉へ。

道路沿いにある「かもしかや」太田酒店さんは、
こんなお店。


出発前、ネットで下調べして、こちらにも雅山流があろようなので、
寄ってみた。
寄って、驚いた!!
はっきり云って、
「この山奥の酒店にこれほどの酒の品揃えがあるなんて!!!」
それと、
酒の保管は、氷温冷蔵庫やワインセラーになっていること。



この冷蔵庫の中のお酒は見応えがあった。
「スゴい品揃えですね。」とNon-bay。
「お好きな方は、冷蔵庫の前から離れなくなります。」と。
「わかる,わかる。時間があれば、ず〜っとここにいたい。」と思った。

山形の地酒のこだわった品揃えです、とのこと。

仙台空港の「華の蔵」や、
越後湯沢駅の「ぽんしゅ館」や、
郡山駅の「地酒の森」など、
地元のお酒にこだわった酒販店は見応えがある。



こちらで仕入れたのは、
新藤酒店 雅山流「極月」、
微炭酸酒の六歌仙酒造「ひととき」、
そして、こちらのオリジナル酒 純米吟醸「「白布酖酖(しらぶたんたん)」。
(オリジナルを出しているのも、驚きだけど。)

1本、1本、お酒をパッキングしてくれる姿にも、
お酒を大事にしてるなぁ〜と感激。
「これ舐めながら、帰ってください。」と、
山形の名産ラ・フランスの飴をいただいた。

その後、店の外に出て店舗を撮影し、
車を出そうとするとご丁寧なお見送りをしてくれた。


そのあと、白布峠を越して裏磐梯にはいると、
見たことのないような美しい風景。
夕日に光る檜原湖とバックに浮かぶ磐梯山、
そして、月まで出ている。



旅の締めくくりとして最高な気分。


帰宅後、太田酒店さんのHPからメールを送った。
すると、昨日葉書で礼状を戴いた。
「メールが苦手だから,葉書を書いた。」とのことだけど、
メールの何倍も心がこもっている。





ドライブがてら、お酒を買いに行きたくなる酒屋さんです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
白布温泉  かもしかや
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〒992-1472 山形県米沢市白布温泉1514 有限会社太田酒店
電話番号: 0238-55-2255 (平日9:00-20:00)
ファクス: 0238-55-2210
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



地図はこちら



  

Posted by Non-bay at 12:32Comments(4)日本酒