2007年08月09日

花泉 辛口



海坊主さん、
郡山でありました。
花泉 辛口、本醸造になっても2,100円。

出来ればお一人さま2本まででお願いしますとの
お店でした。  

Posted by Non-bay at 23:47Comments(3)日本酒

2007年08月09日

やまとがわ

夕日を追いかけて、新桜通りで高速道路を越した辺りま走ってしまい、
帰り道でトライアルで扇風機を見たけど買うには至らず、
YBのコスモス通り店で奥さんに
ノンスイートの炭酸水(これで紫蘇ジュースや梅シロップを割って飲みます)を
おみやげにしようと立ち寄り、
自分にもおみやげにお酒を1本。



と云うことで、
今夜は喜多方の大和川酒造の"やまとがわ 純米無濾過生 かすみ酒"。

最近は、滓がらみと商品名を付けるより、かすみ酒という蔵が多いような気がします。
確かに、滓がらみよりかはかすみ酒のほうがロマンチックかも。

日本酒は、醪(もろみ)から酒と酒粕に分かれます。
搾ってすぐの酒は滓(米のかす)が沈殿せずにからんでます。
その状態で瓶詰めした酒が、滓がらみとかかすみ酒。

「生ならではのピリピリ感をお楽しみ」とか店内POPには書いてありましたが、
微炭酸なピリピリ感はありませんでした。
また、POPには純米辛口とありましたが、
確かに度数17度で高めなのでちょっと辛くは感じますが、
大和川の弥右衛門酒のテイストの甘さがあります。


喜多方市の大和川酒造 北方風土館で買ったグラスでいただきました。




透明の機械瓶に入って1,200円。
よそでは見ないので、YBのPBでしょうか。
  

Posted by Non-bay at 23:39Comments(4)日本酒

2007年08月09日

夕日を追いかけた。

庭で植木に水をやって、ふと空を見上げたら
きれいな雲。




「今日は夕日が見れなかった。」と云う昨日のnon-bayに
「明日2日分見ればいい。」と云う海坊主さんのコメントを思い出し、
夕日を追いかけた。





途中、西の空はオレンジ色、東の空はピンク色。





安高通りから新さくらへ。






見とれていたら、すっかり暮れて、
最後はあんまりいい写真ではないです。







  

Posted by Non-bay at 20:15Comments(8)郡山