2007年05月25日

葵の雫



きき酒の「きき」は、本当は口編に利なのだけど、今までのパソコンでは変換しないと諦めていた。だから、昨日の記事も「利酒」と書いたのだけど、今度のMacBookは「唎酒」と変換してくれることに気がついた。 ちょっと嬉しいface02


さて、
今夜はホント寒かったので、迷わず「燗酒」。
で、選びましたのが、純米吟醸「葵の雫(あおいのしずく)」をぬる燗にしてみました。
Non-bay、吟醸酒でも大吟醸でも燗してみます。
「よく吟醸香が飛ぶので吟醸酒は燗しない」と、居酒屋で断られますが、
「やってみなけりゃ、判んないでしょう。」と思うのだけど、
「ウチは燗する酒は決まってます。」の「出来ません。」なんて云われて断られます。
「レンジでチンだって、燗は出来ますけど。」
「鍋にお湯入れて徳利入れれば、燗になるけど。」と思いつつ諦めるもので、自宅居酒屋が
居心地よくなる訳です。

さて、
「葵の雫」のぬる燗。
良かったなぁ〜。はっきり云って「燗上がり」する酒でした。

この「葵の雫」は、愛知県の「大岡屋」と云う酒問屋のP.B.(プライベートブランド)商品。
造りは、秋田県の「太平山」で有名な児玉醸造。
「大岡屋」さんが愛知県岡崎市なんで、三河→徳川家→葵の御紋で、「葵の雫」だそうです。



で、
今夜の酒器は、会津本郷「流紋焼」の湯煎徳利セット。
熱湯を入れて酒の入った徳利を浸けると燗酒になるすぐれもの。
一昨年の「燗酒名人」講習会の記念品。この講習会、会費1,000円でホテルハマツの昼食つきで、記念品にこのセットと燗酒温度計、それに「燗酒名人」認定書を額入りで頂いてきた。
認定書は、ここず〜と見てないけど、何処にいったのだろう??  

Posted by Non-bay at 23:42Comments(9)日本酒

2007年05月25日

「かんのや」のバームクーヘン

「かんのや」と云えば『家伝ゆべし』が有名ですが、
ウチの奥さんは「かんのや」の洋菓子の大のお好み。
non-bayも、かんのやの洋菓子はあなどれないと思う。



今日は、
「かんのや」の生バームクーヘンの抹茶を奥さんにお土産。

カメラを取りにいって戻ったら、すでに円グラフの25%が消失していた。
写真は、残った75%の写真。  

Posted by Non-bay at 20:55Comments(4)ウチの奥さん

2007年05月25日

利き猪口



ウチの自宅居酒屋「呑喜庵」の利き猪口を受け皿付きで、
名入れして焼いてもらいました。


と、云いたいですが、
フリー素材の利き猪口の画像を文字加工してみました。

ホントにこんな利き猪口があればいいのですが。

出来がいいので、プロフィールの画像をこちらに変えてみます。

長い間、ワンコ画像ありがとう。
あのワンコは呑み友達「コバさん」家のワンコでした。
「コバさん」、携帯のカメラで撮るのはワンコだけで、呑み会の席で貰った画像でした。
「コバさん」の酒のみに付き合って、
コスプレさせられて写真のモデルになってるワンコもかわいそうですが。
  

Posted by Non-bay at 00:17Comments(0)日本酒